Pocket

こんにちは
スタッフの佐藤聖史です。

今回は「この瞬間を大切」ということを考えてみようかなと思います。

自分の寿命って決めることができません。これ、意外と忘れがちですよね。というよりそんなことをいつも考えていたら気分が暗くなるので基本、そんなの考えないのが普通かと思います。

では、なんで改めて自分の寿命や死ということを考えようと思ったかというと次の記事を読んだからです。

ijin_kyounen

 

この年表は、歴史上の有名人がなくなった年齢をまとめたものになっています。この年表を見て、あなたはどう感じますか?

早すぎるなという人もいるでしょうし、長生きしたなと思う人もいると思います。はっきり言えるのはまばらだということです。

寿命を意識しながら、この瞬間を大切にしたい

自分の寿命を決めることはおそらくできません。上にある年表でも自分から望んで40,30,20代で亡くなった人なんてほとんどいないと思います。健康を意識すれば、ある程度は寿命を延ばすこともできるかもしれませんが、それでも「何歳まで生きる!」と完璧に決めることは難しいでしょう。

だからこそ、今、この瞬間を大切にするべきではないでしょうか。自分の夢を決めつつ今、自分の目の前にある課題を全力で取り組む。この姿勢は絶対に忘れたくないですね。

次の言葉が非常に印象的です。

命をコントロールすることはできません。

生きていたいと思っても、突然死を迎えることもありますし、長生きするつもりはなくても、ダラダラと生きながらえることもあります。でも、ある程度は自分の死にどき、人生の締めくくり方を考えておくのもいいのではないでしょうか。
http://diamond.jp/articles/-/86544 より

時間を大切にして、集中して行動できる2016年にしていきたいなと切に思うばかりです。もし、まだ今年やることとか決まっていない人は早めに計画を立てたほうがいいかもしれないですね。

[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]

Pocket