Pocket

こんにちは
スタッフの佐藤聖史です。

自動運転のトラックというものが徐々に普及する気配がありそうですよ。

自動運転といっても人の運転を補助する自動運転と、完全に自動で運転する自動運転があるみたいです。

ニュースの記事がいくつかあったので紹介します。

 

 

自動運転のミニ配送車Dispatch、Andreessen Horowitzのリードで200万ドルを調達

 

自動運転のミニ配送車だそうです。名前はCarryというみたいです。以下のように書かれています。

学生にはCarryの位置が通知され、荷物などが配送されることが知らされるようになっている。Carryが到着すると学生はスマートフォンを使ってコンパートメントを開き、自分宛ての荷物を取り出せる。
http://jp.techcrunch.com/2016/04/08/20160406self-driving-delivery-vehicle-startup-dispatch-raises-2-million-seed-round-led-by-andreessen-horowitz/より

Carryにはセンサーと人工知能が組み込まれ、周囲の人間にとって安全快適な行動方法を学ぶことができる。学習が進むにつれてCarryはより複雑な環境に対応する行動が可能になる。
http://jp.techcrunch.com/2016/04/08/20160406self-driving-delivery-vehicle-startup-dispatch-raises-2-million-seed-round-led-by-andreessen-horowitz/より

スマホでお願いするだけで、勝手に届く。これはすごいですね。すごく近未来的です。

 

自動運転トラックがやってくる。そして、数百万の職を自動化する

 

自動運転のトラックの技術が進んでいることについて書かれている記事です。

先日、自動運転トラックの輸送団がヨーロッパを横断し、ロッテルダムの港にたどり着いた。

さらに、この記事では、自動運転トラックが導入されるメリットについて書かれています。

メリットもリスクもありそう!?

自動運転トラックによる効率化という恩恵は、無視するにはあまりにも現実味を帯びたものである。だが、このテクノロジーには恐ろしい副作用もある。
http://jp.techcrunch.com/2016/04/30/20160425the-driverless-truck-is-coming-and-its-going-to-automate-millions-of-jobs/より

とあるように、自動運転のトラックを導入するメリット、リスク、解決すべき問題点などいろいろ考えることは多そうです。とはいったものの、急速に自動化が進むと新しい働き方が出てきますし、業界が大きく変わることは間違いないでしょう。

当社でも運送業を行っているので注目せざるを得ないです。

 

また別の記事で、自動運転のトラックを導入するメリットや問題点などについて書いていこうと思います。運送業としてはこの問題を見てみぬふりをするわけにはいかないですからね!

 

[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]

Pocket