Pocket

こんにちは
スタッフの佐藤聖史です。

最近、フェイスブックがメッセンジャーの大幅な改善を行っているそうです。

フェイスブックは今のままでも十分に便利なはずです。それでも、常に改善を繰り返しています。改善を大切にしているのはフェイスブックに限らないかもしれません。なぜ、こんなにも有名な会社が一生懸命改善をするのでしょうか?

改善し続けることで、「変わらぬ良さ」を維持し続ける

改善をすることは大切です。改善することで現状以上の喜びをお客様に得てもらう。これはとても大切なことです。

 

ただ、必ずしもお客様が改善に気づくというわけではありません。むしろ、気づかないことが多いでしょう。では、気づかないのであれば改善をする必要がないかといえばそうではありません。

改善をすることでお客様に変わらない良さを感じてもらえるということがあるみたいです。

味を変えたり、リニューアルしたり、サービスのレベルを高めていることを、お客様は気づかないかもしれませんし、買えたことが分かる必要もありません。いつ食べても「おいしい」、いつ利用しても「心地いい」と思ってもらえればいい。つまり、売り手が変わり続けることで、お客様には変わらず満足してもらえる。
『売る力』p213より

セントサービス株式会社
千葉県柏の運送会社です。あなたが気持ちよく暮らせるように運送、引越しを行います

改善、変化を続けないとお客様に飽きられる、ほかのサービスに変えられてしまうんですね。フェイスブックがだめなら、ほかのSNSやコミュニケーションアプリがあるように、お客様から見ると、自分たちのサービスがだめならほかのサービスに変えればいいだけだということです。

 

いつでも気持ちよく利用してもらえるように改善する!

ですから、これでいい、これで終わりということはないということです。お客様が気持ちよくサービスを利用できるように常に改善する気持ちは持っていきたいですね。

世界的な企業であるフェイスブックが改善を怠らないわけですから自分たちが怠っていい理由はないですね。

 

 

 

[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]

Pocket