Pocket

こんにちは

千葉県柏市の整理収納アドバイザーの佐藤綾子です。
ご訪問いただきありがとうございます。

先日の10月13日に我孫子でセミナーを行いました。

「スッキリ快適に暮らす」というタイトルでお話をさせていただきました。

前回のセミナーでいただいた質問をもとに、片づけの手順について説明しました。(前回のセミナーについてはこちらをクリックすると読むことができます。)

このセミナーでもたくさんの感想をいただきました。その感想を紹介します。

2015/10/13のセミナーでのお客様の声(講座でよかったこと、参考になったと思うこと)

「全部出して把握してから区別する」という手順の中で全部出してみるということが気付き、自覚をするうえで大事といわれなるほどと思った(M.Rさん)

モノを置くために家賃を払っているのではないということに、その通りだなと思いました。家族が快適に気持ちよく過ごせることを目指していきたいと思います。(M.Fさん)

どこから片付けていいのということで、コツがあり、正しい手順があること、また、片付けられないのは正確ではないといわれて自分にもできると前向きな気持ちになりました。迷いボックスはとてもありがたい。一番悩むものがたくさん洗います。(F.Cさん)

区別することが大事だということ、迷いボックスを作って、賞味期限を決めて処分するという発想がよかったです。(S.Mさん)

「モノの分量を知る」、区別する、毎日使うものから手を付けることがわかりました(K.Cさん)

迷いボックスをつくこと、迷いボックスに賞味期限を作ることがわかりました。(N.Nさん)

片づけの手順がわかり、やろうという気になりました(O.Hさん)

・片づけにも手順があることを知る
・ふつうは自分のやりたいこと、やりたいところに自然に気持ちが向く (H.Mさん)

片づけをすることは「区別すること」がなるほどおもった。(H.Tさん)

世の中で成功している方は、コミュニケーション上手、相手をもてなすのが上手な方が多いと知って驚きました。私も、いつでも友人を気軽に呼べる居心地のいい空間にしたいです。(S.Rさん)

参考になったこと
・すべてのモノを見て分量を把握する。
・モノを減らすコツは賞味期限をつける。 (I.Tさん)

 

これからも聞いてくれた人が、片づけがはかどってくれるようなセミナーをしていきたいです。セミナーに参加してくれた皆様、ありがとうございました!

[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]

Pocket