Pocket

こんにちは
スタッフの佐藤聖史です。

今回はこんな記事を見つけたいので、夢を描くということについて考えてみようと思います。


サッカー日本代表のFW、イタリアの名門クラブACミランで活躍している本田圭佑選手の目指しているものについて書かれた記事です。

読んでるとわかる通り、本田選手はものすごいビジョンを描いています。現役の選手でここまで将来を描いて、かつ実践している人はいないでしょう。

自信が世界でトップのプレイヤーになることを目指しつつ、さらに世界で通用する選手を輩出するためにビジネスを進めるこの姿勢はぜひとも見習いたいものです。

そもそも小学生の時からプランを具体的に描いているのがすごい

実は本田選手、小学生の時から明確なビジョンを描いているんです!以下の文章は本田選手が小学生の時に卒業文集で書いたものです。考えるものが多いです。

今、少し時間をとって読んでみてください。

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

http://attrip.jp/101501/より

この具体性がすごいですね。というより、現在この文章に書いていることのほとんどを達成しているということに注目してください。

目標・夢がここまで具体的だと行動も明確になりますね。具体的に目標が書ければあとは行動あるのみということでしょうか。

さらに、選手としてだけではなく指導者、経営者として選手でできることを超えて活動しています。卒業文集で書いている夢の先も見据えているんですね。

 

自分のビジョンが見えてくるとやるべきことが見えてくるのではないか

自分の夢をはっきり思い描く。これは非常に大切でしょう。おそらく自分に言われなくてもわかるでしょう。

しかし、なかなか夢をきちんと具体的に思い、行動するのは想像以上に難しいです。じぶんも思っているようにできていないのが現実です。

だからこそ、自分の夢・ビジョンをはっきり書いていきたいということをこの記事を読んでいる皆さんと共有したいんです。

ビジョンがあるから集中できる。ビジョンがあるから進む方向がわかる。
『ザ・ビジョン』P2

ということです。こんな動画があったので参考にどうぞ。

 

「夢ノート」という本田選手がプロデュースしたノートのPR動画だそうです。とても参考になったので紹介しました。

自分はこの後、改めて夢について考え直す時間をとろうと思います。時間をとって集中して夢を描きたいと思っています。しっかり時間をとらないと夢・将来と真剣に向き合うことは難しいです。

片手間で自分の将来を考えると、自分が本当に願っているわけではない安直な道を選んでしまいます。やっぱり、意識しないと楽な道を選んでしまうのです。

多少面倒だと思ってもちゃんと時間をとって紙とペンを持って真剣に考えることで自分が本当に望んでいる夢が見えてくるのではないでしょうか。もちろん、行動すること、いろいろチャレンジすることは大前提です。

もし、紙に書いても自分のビジョンがはっきり見えなかったとしてもそれはそれでいいと思ってます。真剣に自分の将来を考えることができれば毎日の生活・行動が真剣になるからです。「今、この瞬間」を真剣に生きることにつながると思っているからです。とにかく、自分の夢・将来と向き合いたいと考えています。

皆さんも忙しいとは思いますが、ぜひ時間をとって自分の夢と向き合ってみてはどうでしょうか?

紙に書きながら考えることで、これからやることが見えてくるかもしれませんよ!一つ一つの行動、生活の充実してくると思います。

紙に書いて自分の夢が見つかり、自分のやるべきことがはっきりして、自分の可能性が広がったら、それってなんだかわかりますか?

伸びしろですねぇ!!!

ちょっとやってみたかったんです(笑)

以上です!

参考文献

本田圭佑「でかいことを次々やりたい」貪欲人生録

ザ・ビジョン

[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]

Pocket